TOPに戻る / 公開 2020/02/26
こちらの注意喚起記事も是非一度お目通しください
⚠️PixivSketchLiveを巡回していたらヤバいユーザーの存在を知ってしまった件⚠️

特化概要

過去、アマミキ! + 仮想サウンドカードの組み合わせで、マイク音声とBGMを同時に流す手法を公開していた
・今回は アマミキ!を使わず、OBS内蔵のステレオミキサー + 仮想サウンドカードを駆使して同等の効果を得られる手法を公開
・映像ソースの幅を広げる意味でOBSを使っている人もいるので、この方法を取れば映像も音もOBS1本に絞れるかと思います

必要な2つのソフト (どちらも無料)

NETDUETTO β2

いわゆる仮想サウンドカード

OBS

界隈では有名なフリーの映像配信ソフト


※ 以下、「NETDUETTO β2」及び「OBS」の両方がインストール済みである事を前提に説明していきます

OBSの音声ミキサー機能にある「モニタリング」を活用

OBSには音声ミキサー機能が用意されています
単純に、デスクトップ音声とマイクからの入力を混ぜて配信にのせる機能なのですが、
そもそもPixivSketchLive自体はOBSからの配信に対応していませんので、普通はこの音をミックスする機能の恩恵は得られません

しかし、OBSには音声モニタリングと呼ばれる機能がオプションとして存在しており、
結論から言えばこのモニタリング機能と仮想サウンドカードを連携させることで、OBSの音声ミキサー機能としての恩恵を受けられます

[1]:仮想サウンドカードの基本音量を確認

折角セッティングしても、利用するデバイスの基本音量が小さくては意味がありません。
PCのサウンド設定から、仮想サウンドカード(YAMAHA NETDUETTO)のデバイスを開き、
「レベル」..つまり音量が小さすぎないか確認しておきましょう。

まずは一度最大レベルにしておき、様子を見ながら調節していく事を個人的には勧めています


[2]:OBSの音声設定から、モニタリングデバイスを指定

OBSの設定ウィンドウにある「音声」項目を選びます
更にその中の「詳細設定」カテゴリから「モニタリングデバイス」の項目を弄り、
仮想サウンドカード...つまり「ライン(Yamaha NETDUETTO Driver (WDM))」を指定し、適用させます

※ 勿論、YAMAHAの仮想サウンドカードが既にインストールされている前提です
PCにインストールされていない場合、この項目は候補として出てきません


[3]:OBSの音声モニタリングを有効にする

次に「オーディオの詳細プロパティ」の設定画面を開きます
OBSのメニュー「編集 > オーディオの詳細プロパティ」または
「音声ミキサー」上で右クリックしたり、歯車マークをクリック等してアクセスしてください

開くと、音声問わずOBSに乗せた幾つかのソースが一覧で出てきます。
「音声モニタリング」というカテゴリがあり、恐らくデフォルトだと、全て「モニターオフ」になっているかと思います

この項目を「デスクトップ音声」と「マイク」の2つだけ弄り、
両方とも「モニターオフ」から「モニターと出力」に変更してください


[4]:配信で使うマイクデバイスを、仮想サウンドカードに切り替える

PixivSketchLive配信ページでマイクをONにしつつ、使用デバイスを
「ライン(Yamaha NETDUETTO)」に指定します


▼ Chrome の場合



▼ FireFox の場合 (個人的にはSketchLive用途としては非推奨ブラウザ)


やっている事

OBS上の音声ミキサー機能でミックス・調節した結果の音を確認する機能...
つまり「音声モニタリング」機能があるのですが、普段これはOFFの状態です。
機能をONにしても、通常その音はデフォルトの再生デバイス(規定)へ出力されるようになっています。

モニタリング機能を有効にしつつ、その音の確認出力先を仮想サウンドカードへと仕向けることによって、
配信者側のサウンド環境に一切の影響を出すことなく、PixivSketchLiveの音経路へOBS上でミックス・調節した音を乗せられる...といった寸法です



その他留意事項

ステレオミキサーを利用するという事は、実質PCで再生されている音を配信にそのまま載せるという事でもあります。
PixivSketchLive は、その特性上、複数人で通話を行いながら配信を行う場面でもこれらミックス機能を配信で利用すると、
相手の声を一度PCで拾い、それをまた相手に送り返す事となりますので、注意が必要です。

複数人で作業配信を行う場合、マイクの入力デバイスを、デフォルト(またはいつも通り使っている)のマイクに戻しておきましょう。