TOPに戻る
こちらの注意喚起記事も是非一度お目通しください
⚠️PixivSketchLiveを巡回していたらヤバいユーザーの存在を知ってしまった件⚠️

OBSを使ったPixivSketchLive配信について【映像編】


⚠️↓勘違いされる方が多いので最初に(しつこく)記しておくんですけど↓⚠️

このページにある方法"だけ"では、BGMやマイク音声は(OBS経由で)配信に載りません。
「仮想カメラでOBS配信出来たぞ!」→「あれ?OBS使ってるのにBGMとか乗ってないぽいんだけど...」
...と、ならないように ちゃんと読んでくださいね

ざっくり概要説明↓


⚠️ サウンドの管理もOBS上で行いたい場合は、別途必ず専用の解説ページを読んでください。
当該記事へのリンクは [ Sketch Live Tips ] に張ってあります

OBSを用いる場合、普段使いの感覚で配信できない事に注意

OBSは本来「ストリームキー」と呼ばれる、配信サイトのアカウント情報を用いて配信するソフトであり、
世界中にある配信プラットフォームの殆どが、この仕様に対応しています。
しかし PixivSketchLive はこれにに対応しておらず、現状はブラウザを介した配信しかできません

かといって、わざわざOBSのプレビューウィンドウ画面をSketchLive(≒ブラウザ)で無理矢理取り込む方法も不便です。

このページではOBSの仮想カメラ機能を用いて映像信号のみをブラウザを介して渡す方法を紹介していきます

OBS本体配布先

既に本解説ページをご覧になっている殆どの方が導入済みだと思いますが、
念の為、OBS本体を配布している公式サイトを紹介しておきます

https://obsproject.com/ja

もしまだOBSをインストールしていない方が居たら、上のリンクから導入してください。
ただし、OBS自体の基本的な導入手順や使い方に関しては、本記事の趣旨から外れますのでここでは触れません

OBSの映像をSketchLiveに適用させる方法は2つ

いずれも 仮想カメラ と呼ばれる機能を用いるのですが、この仮想カメラは大きく分けて 2種類 あります。
以下 [A] または [B] のどちらかを、お好みで選んでください。


筆者は [B] のプラグインタイプで運用しています
( 配信開始時にスタートボタンを押す手間が省けて地味に便利👍 )


実際の配信手順を解説


[1]. 仮想カメラプラグインのインストール

[A] の手順で標準搭載された仮想カメラを用いる方は、このインストール手順は不要となりますので飛ばして下さい。
ただし、OBSのバージョンが 26.x 系より古い場合は、そもそも仮想カメラ機能が搭載されていませんので、
OBSをアップデートするか、本項目でこれから解説する [B] のプラグインを導入する方法を採ってください

👉ここをクリックして "[B] 仮想カメラプラグイン" のインストール手順解説を展開・表示

※ トラブルの原因を減らすため、インストール前にOBSを一度終了させておいた方が良いかと思います
※ また、正しく機能を反映させるために インストール後は一度PCを再起動させておく事も視野に入れてください


* Windows版

https://github.com/CatxFish/obs-virtual-cam/releases
上記のページから OBS-VirtualCam2.X.X-Installer.exe のインストーラー形式をクリックし、ダウンロード後に実行。


* macOS版

筆者は macOS 門外漢なので、詳しく解説していらっしゃる他サイト様に丸投げします。
mac obs virtual cameraあたりでググって、導入までこぎつけてください
一度組み込んでしまえば、あとは次の手順からほぼ共通になっているかと思います。

[2]. 解像度を変更 ( ⚠️ 画質に関わる重要項目 )

[A] + [B] 共通

OBS設定画面を開いて、左メニューから「映像」カテゴリを選択し、下記 2項目をそれぞれ調整します。
・基本(キャンバス)解像度 ... 取り込み元となる実際の範囲サイズ(解像度)
・出力(スケーリング)解像度 ... 取り込んだ後、映像データとして送る時の解像度

この箇所をどちらも 1920x1080 で入力&出力した方がSketchLiveの高画質配信の恩恵を受けられるので、変更する事を強く勧めます
( 初期設定だと 1280x720 等のやや画質粗目になる可能性が高い )
ただし、画質が高ければその分、上り帯域回線を多く使います。
 固定の有線回線ではなく、ポケットWiFi系サービスをお使いの方は配信映像が不安定になる可能性も視野に入れておいてください。

また、「基本解像度」のサイズ設定に応じて、「出力解像度」のサイズ上限が変動します
大きい解像度へ変更したい場合は、先に「基本解像度」を弄ると良いでしょう。


[3]. 仮想カメラを起動

[A] の標準搭載された仮想カメラを使う場合は、
シンプルに、OBS右下の操作領域から [仮想カメラ開始] ボタンを押すだけでOKです

( ちなみに、ここが開始されていないうちは、OBS待機画面 のような専用の静止画が代理映像として出力されます )


[B] のプラグインとして導入した仮想カメラを使う場合は、
OBSメニューから [ツール] を開き [VirtualCam] を選択します



すると、以下画像左側のウィンドウが表示されるので、下の [Start] ボタンを押して仮想カメラを起動させてください
( ちなみに、Start 状態でないうちは、仮映像は一面灰色の表示となります )

✨また、[☑AutoStart] にチェックを入れれば、OBSを起動するたび自動で Start 状態になるのでオススメです✨

⚠️ 注意 [A] + [B] 共通
※ 仮想カメラが起動した(Start状態の)ままだと、OBSの映像設定(解像度など)を弄れないので注意してください。
下の画像左側は [B] 仮想カメラプラグインのウィンドウですが、
いずれにせよ [A] でも [B] でも、仮想カメラが起動している間は 解像度設定(画像右側の項目)が弄れません




[4]. 配信枠を取得して(仮想)カメラを選択。必要に応じて権限を許可する

【注意】 PCに物理的なウェブカメラが付いている場合、最初は無条件でデフォルトのデバイスとして使われる可能性も考慮してください。
放送事故を防ぐ観点から、一度カメラを塞ぐor伏せるなどして試すと良いかもしれません


実際に PixivSketchLive で配信枠を取ってから、カメラで配信 を選択し、処理を開始します。
この時、初回操作時はブラウザ側から "カメラの利用許可を求める旨" 表示が出ると思いますので、「許可」を押します。
この許可設定は初回一度だけ行えば良いので、以降は原則不要となります。

※ 参考画像は GoogleChrome ブラウザのものです。FireFox や MicrosoftEdge では表示が異なるかもしれません
ここにサラッと書く事ではないんですが、FireFoxでのPixivSketch配信は正直やめたほうが良いです。 ガチでお勧めしません。


一度カメラの使用を許可をすれば、同設定画面から 利用できるカメラデバイスを一覧から選択できるようにもなるかと思います
( 逆に言えば デバイスが1種類しかない場合は決め打ちとなり、選択項目が出ないと思われます )

もし、複数のカメラデバイスを保有しているにもかかわらず候補に挙がってこない / 選択・利用できない場合は、
OBSやブラウザ全体の再起動、ひいてはPC自体の再起動を試してみてください



あとはそのまま 一番下にある青い [はじめる!!] ボタンを押して、よしなに配信を開始します 👍


以上、これらの手順を適切に踏んでいれば、当該する仮想カメラ が OBS上でレイアウトした画面(映像のみ)を、まるでウェブカメラを通しているかの如く振る舞ってくれます。
イメージ的には、仮想カメラ自体がOBSと(SketchLiveで使う)ブラウザの間を取り持ってくれる..みたいな感じですね。


【補足】ブラウザのカメラ許可設定に関して

過去に一度でも(そのウェブサイト上で)カメラの使用許可をブロックした場合は、配信開始時に(仮想)カメラを選択しても使えなくなっているかと思います
「何となく試しに配信しようと触ったら、急にウェブカメラの使用許可を訊かれて怖くなったのでとっさに拒否(保留)した」みたいなケースもあるのかなと。

そのような場合、ブラウザの設定から カメラの利用を[許可/拒否]しているサイトを調べてみると良いでしょう

Chromeであれば chrome://settings/content/camera のURLから、利用するカメラデバイスを選択できます
(※リンクとして開けないので、URLコピペしてブラウザに張り付けて開いてください)

もしくは ブラウザのメニューから「設定」 → プライバシーとセキュリティの項目内から「サイトの設定」→ 権限項目内から「カメラ」
の手順を踏んでも、同じ画面にたどり着けます

FirefoxやEdgeでも、似たような設定項目があると思いますが割愛します



↑ この設定ページで、もし SketchLive(pixiv.net) のURLが「ブロック」カテゴリの中に入っていた場合は、
右側のゴミ箱ボタンを押してブロックカテゴリの中から削除してください。
こうする事で、再び配信開始時にブラウザからカメラの使用許可を尋ねられると思います。

( 逆に言えば、画像のように「許可」カテゴリに入っている場合は気にしなくて大丈夫です )


クリックで 仮想カメラプラグイン導入時のトラブルシューティングを表示

* 配信時、Webカメラを選択できない・項目にVirtualCamが表示されない

VirtualCamプラグインが問題なくインストール出来た場合、配信ページ上で OBS-VirtualCam が選べるようになります。
もし出てこない場合は、ブラウザ(出来ればPC自体)を再起動してください
再起動後も出てこない場合は 手順 5 にある方法から、ブラウザでカメラの使用許可がブロックされていないかどうかを確認してください
( 大抵はこれが原因であることが殆どです )

* FaceRig等を導入していると、正しくインストールされないケースがある?

OBSのプレビューウィンドウなどを経由して態々取り込んでいる受肉配信者さんをお見掛けする事が時々あります
詳しくお伺いできる機会に恵まれず詳細は不明なのですが、どうやら「OBS-VirtualCamの項目が配信ページ上で選べない」との事。
本来ブラウザ上で利用できるカメラデバイスの1つとして候補に挙がる筈なのですが、それが出てこない現象が起きるようです

FaceRigのライセンスをギフトで頂いたので検証を行いましたが、自環境で再現性は確認できませんでした。
↓ 自環境での検証時メモ
  • OBS Studio 24.0.3 (x64)
  • OBS-VirtualCam 2.0.4
  • FaceRig Build 2122 Sep 23 2019 dx11
OBS-VirtualCam が正しくインストールされていない、FaceRig系の何か?と衝突してしまうのが原因?

OBS-VirtualCam 1.2.1 にて、一部環境下でカメラが登録されない不具合の回避方法として、レジストリの登録が開発者から推奨されていた。
https://github.com/CatxFish/obs-virtual-cam/releases
OBS-VirtualCam 1.2.1 の ▼Assets にある reg_path.reg がそれに相当します
これを登録すると候補に挙がってくる...のかもしれません

* OBS VirtualCam のインストール自体に失敗する

https://obsproject.com/forum/resources/obs-virtualcam.539/
ここの英語フォーラム(投稿主はプラグイン作者)によると、Visual Studio 2017再頒布可能パッケージ と呼ばれるものが必要との事
これ(に準ずる機能)が元々入っていないと、OBS VirtualCam のインストール時に失敗する とも書かれていました
( 2017年7月の古い記事なので、最近の新しいバージョンにも言えることなのかどうかは不明です )